看護師の働く場所

医療の現場では様々な資格を持った人が働いています。例えば、医師、薬剤師、看護師などなど様々な資格がありますが、看護師の働き先とはいかなるものがあるのでしょうか。看護師と聞くと、大学病院や総合病院または個人院などの病院を想い浮かべる人が多いですが、実は、看護師さんの働き先は、病院だけではありません。これは看護師を志す人にとっては、豆知識として是非押さえておきたいもののひとつです。そもそも、看護師さんは基本的には3年間から4年間学校に通い、患者対する医療行為の基本や基礎的な薬の知識を習得し国家試験に合格をして、現場で働くようになります。だとすると看護師という資格は、それらの能力を持ったことを表すものといえます。実際、医療領域と介護領域は重複する点が多く、看護師さんの中では介護領域で働く人も多いです。例えば、老人ホームや障害者施設などがその典型です。老人ホームや障害者施設では、老人や障害を持った方がお客様になっているため、健常者と比して体や免疫力が弱く、体調を崩したり怪我をしたりする場合が多いため、看護師が応急処置をする必要があります。そのため、このような介護施設に看護師が勤めた場合、資格を有しない人に比して、所得が高く設定されるのが通常です。また老人ホームや障害者施設では、夜勤がないところも多いため、ライフワークバランスを考えて、これらの施設で働くことを選択する看護師の人も多くいます。このように意外な職域でも看護師が活躍しているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です